大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表!|自宅で副収入したい人のブログ

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表!|自宅で副収入したい人のブログ

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表したので紹介していきます。

 

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142854j:plain

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

jitakudefukusyunyu.hatenablog.com

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表!

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142907j:plain

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されます。DISCIPLINAプロジェクトで使用されるこのプロトコルは求人募集している雇用主に正確な検証された成績データを提供する為にのみ用いられています。

このプロトコルの利用にあたり2人の当事者が存在します。それはトークンの買い手と売り手です。一般的な売買システムにおいては流通資金をプールし流通データを検証する仲介者が存在します。しかし、従来のデータ公開アルゴリズムと異なり、DISCIPLINAでは仲介者は必要としません。DISCIPLINAプロジェクトにおいてブロックチェーンこそがすべての取引の有効性を保証する合意メカニズムを備えた分散型台帳なのです。

先述した通りDISCIPLINAプロジェクトに関わる全ての参加者はデータが有効であるかどうか判断する機会があります。もし登録データに関して争いが生じたとしても参加者はブロックチェーン上に記録されたデータを判断材料として証明することが可能です。買い手が無効だと主張するデータをネットワークのノードに確認させ、その後に有効か無効かについて決断を下すことができます。ちなみに両当事者はそのデータに対して信頼し取引が公正であると同意する場合、ブロックチェーン上のノードはデータにアクセスすることはありません。

取引前に、買い手は検証を行う事をノードに通知しなければなりません。全ての取引記録データは検証済みであり有効なものでなければならないからです。売り手は暗号鍵を用意する事でデータを暗号化し、そしてその暗号鍵をブロックデータの代表となるデータ「マークル・ルート」を計算して、この「マークル・ルート」を参加者が閲覧できるパブリックブロックチェーンに入れます。

買い手はセッションの公開鍵と暗号鍵のペアを作成し、暗号鍵を公開して取引を行います。さらにこの取引におけるスマートコントラクトに保管するDisciplinaトークンを送信します。

売り手は所定の保証金をコントラクトアドレスに送信し内容の障害確認の為、一定時間待ち時間が発生します。その後、買い手にプライベートブロックチェーンで暗号化したデータを送信します。こうすることでブロックチェーン上に大量の情報を保管せず、また記録に関しての争いが生じた場合にその記録データの全てを公開する必要がなくなるのです。

買い手が暗号化データを受領したことを確認後、売り手は買い手の公開鍵で暗号鍵を発行します。

この売り手の暗号鍵で買い手はデータを解読できます。この段階で2つのシナリオが考えられます。

1.買い手が記録データが虚偽があって無効であると考える場合、その部分に秘密鍵を使用し公開します。Disciplina参加者は誰でもそのデータ部分を解読し真正なデータであるか確認機能が使用できます。大まかな流れとしては売り手が買い手にプライベートチェーン上で送信したデータの中に疑問部分が実際に含まれていたことを証明する為に買い手は同部分の「マークル・パス」も提出します。買い手が同データについて無効であることを証明できた場合、売り手が当初送信していた保証金とともに自分の資金も払戻しを受けます。

2.すべてのデータが真正であった場合、買い手はパブリックチェーンの取引にてそれが確認出来ます。虚偽があった場合では一定期間の後にスマートコントラクトは自動的に資金を売り手に送信します。

 

The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.
The protocol has two parties - the Buyer (B) and the Seller (S). The system also has an intermediary that can hold money and validate the data. However, unlike conventional data exchange algorithms, this intermediary in DISCIPLINA is a blockchain — a decentralized ledger with a consensus mechanism that can ensure the validity of all the transactions.
Each party will have the opportunity to determine the validity of the data. If any disputes occur, the parties will use blockchain as a final judge: the chunk of data that the Buyer claims to be invalid is observed by the nodes of the network, and then the Buyer decides whether the data is valid or not. It should be noted that the blockchain nodes will not have access to the data as long as the parties agree on the fairness of the deal.Before making a deal, the Buyer will have to notify the nodes about the function that will be used for the validation. Each chunk of the traded data will have to be valid in terms of this validation function. The Seller then encrypts the data with a session key, computes a Merkle root of the encrypted data, and puts this Merkle root in the publicly available chain of blocks.The Buyer creates a session keypair and makes a transaction, making the session public key available for everyone. They also send coins that are locked on the smart-contract with this transaction.
The Seller sends a fixed security deposit to the contract and waits for a pre-agreed confirmation period in order to be sure there is no chain rollback. They send the encrypted data chunks to the Buyer off-chain, which allows to avoid storing a big amount of information in the blockchain and disclosing the entire dataset in case of dispute.After the Buyer confirms that they have received the encrypted chunks, the Seller publishes a session key encrypted with the public session key of the Buyer.Now the Buyer can decrypt the data. This stage has two possible scenarios:1. If the Buyer finds out that some data chunk is invalid, they can just identify that invalid chunk and reveal his private session key. Any user can then decrypt the chunk and apply the validation function. In order to prove that this chunk was indeed among the data that the Seller sent to the Buyer off-chain, the Buyer also provides a Merkle path of this chunk. In the event that the Buyer can prove the data is invalid, they receive their money back, along with the security deposit initially provided by the Seller.
2. If all the data is valid, the Buyer acknowledges it through the on-chain transaction. If they fail to do so, the contract automatically sends the money to the Seller after a certain time period.

 

引用元:【Disciplina(ディサプリナ)】公式サイト

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142818j:plain

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表したので紹介していきました。

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

期待できるブロックチェーンなので「Disciplina(ディサプリナ)」をチェックしておいてはいかがでしょうか。