「シータ(Xtheta)」VS「BitTrade」ユーザーが使いやすい取引所はどちらか?|シータ取引所徹底比較|自宅で副収入したい人のブログ

「シータ(Xtheta)」VS「BitTrade」ユーザーが使いやすい取引所はどちらか?|シータ取引所徹底比較|自宅で副収入したい人のブログ

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20180312122959j:plainf:id:jitakudefukusyunyu:20180402125400j:plain

「シータ(Xtheta)」VS「BitTrade」ユーザーが使いやすい取引所はどちらか?

現在の国内で仮想通貨の取引所を行っているところは14社もあります。

ですが、全部開設するのも大変だし、せっかく開設しても使いずらかったら嫌ですよね?

今回はシータとBitTradeを比べてどちらが使いやすいかを比較していきます。

「シータとBitTrade」取引所比較

今回は「取引銘柄」「セキュリティ」「取引手数料」「サービス」の4つの部門で比較して行きます。

 

取引銘柄部門

・BitTrade   6種類

Bitcoin(ビットコイン
Bitcoin Cashビットコインキャッシュ
Ethereum(イーサリアム
Litecoin(ライトコイン
Ripple(リップル
Monacoin(モナーコイン)

・シータ(Xtheta) 9種類

Ripple(XRP)
bitcoin(BTC)
NEM(XEM)
Ethereum(ETH)
EthereumClassic(ETC)
Litecoin(LTC)
Bitcoin Cash(BCH)
MonaCoin(MONA)

カウンターパーティー(XCP)

 

取り扱い銘柄の種類ではシータが圧勝ですね。

BitTradeで取り扱いしているものはすべてシータで取引できます。

 

セキュリティ部門

・BitTrade

2段階認証
携帯SMS認証
コールドウォレットがある
マルチシグネチャを採用

 

・シータ(Xtheta)

SSL証明書は、国際規準の「Web Trust認定」を取得

コールドストレージにて保存

2段階認証

システムコントロールの分離管理

政府公機関が発行する写真付きID及び住所確認書類送付

 

どちらもセキュリティ面は力を入れているようですが、どちらかというとシータですね。

シータのSSL証明書は、国際規準の「Web Trust認定」を取得しているので安心できますね。

 

取引手数料部門

(BTC計算)

・BitTrade

0.2%

・シータ(Xtheta)

5%

 

手数料は圧倒的にBitTradeが安いですね。

 

サービス部門

・BitTrade

チャートが高性能

 

・シータ(Xtheta)

仮想通貨取引代行サービス

情報収集・レートのチェック

一人一人に担当がつく

 

手数料が高い分シータの方が圧倒的にサービスが充実しています。

情報収集からレートのチェックまでしてくれるのは時間ができるのでとてもありがたいですね。

f:id:jitakudefukusyunyu:20180306191910j:plain

まとめ

シータとBitTradeどちらの取引所がいいか比べてきましたが、いかがでしたでしょうか?私的には圧倒的にシータだと思います。

シータは銘柄、セキュリティ、サービスは申し分ないので、手数料よりも時間がほしい方や、初心者には最適ですね。