仮想通貨取引所「Xtheta(シータ)」が初心者に向いているのか?口コミ・評判は?サポートは?

世界中の人々が仮想通貨に熱中し、ブームになっている。

仮想通貨を取り扱う大手取引所は「ビットフライヤー」と「ザイフ」と「コインチェック」が有名だが、取引所は他にもまだまだある。そしてそれぞれの取引所に特徴がある。

仮想通貨取引所「Xtheta(シータ)」が初心者に向いているのか?口コミ・評判は?サポートは?

ただ、どの取引所もパソコンに疎いような老人や女性などの仮想通貨初心者には敷居が高く感じられるです。

 

今回、まだ仮想通貨交換業者の登録になったばかりの「Xtheta(シータ)」という仮想通貨取引所が初心者におすすめだと感じたので、紹介していきます。

 

 

大手取引所の3つ、「ビットフライヤー」と「ザイフ」と「コインチェック」には取り扱い銘柄が多かったり、チャートが見やすかったり、チャット機能が付いていたりと、それぞれ様々な特徴があります。

 

今回サービスを開始する「Xtheta(シータ)」にはどんな特徴があって、他の取引所に比べてどう差別化をはかっているのだろうか。

 

仮想通貨の購入や売却を取り次ぐサービス
今までの仮想通貨取引所の常識として、取引所に登録した後は自ら何から何まで行う必要がありました。

たとえばお金を入金し、購入する通貨を選び、価格を設定し、実際に購入します。

それで終わりではないです。

 

価格が上がったら利確(利益確定)したり、逆に価格が下がったら損切りする必要も出てくるでしょう。

これを初心者がいきなりやるのはあまりに厳しく、熟練プレーヤーの餌食になってしまうのは目に見えています。

 

そこで「Xtheta(シータ)」は客をサポートする意味合いとして、仮想通貨の購入や売却を取りつくサービスを提供しています。

 

例えば1人1人の客に対して担当者を付けることにより、「今どんな仮想通貨が儲かるのか」「盛り上がっているのか」「どこの取引所で取引するのがお得なのか」など、客がスムーズに仮想通貨の売買をできるように支援してくれます。

 

株で言うならば証券会社を想像してください。

ネット証券ではなくリアル店舗がある証券会社。例えば、みずほ証券などで株を購入する場合、担当者が付く場合がある。(法人の場合だけかも)

いまおすすめの株などの投資商品を紹介してくれるはずだ。

 

「Xtheta(シータ)」の一番の特徴といってもいい。

仮想通貨をやりたいけど、売買する自信がない、何を買えばいいかさっぱりわからない、という初心者に最もおすすめできる取引所です。

 

その代わり、他の取引所に比べて諸手数料は割高であることに注意してください。

 

「Xtheta(シータ)」が狙う顧客層は、パソコンの扱いに慣れていないが、仮想通貨に興味がある人達です。

資産が大量にあって、銀行に預けておくだけでは物足りない、資産運用してお金を増やしたいという人は一定数います。

 

「Xtheta(シータ)」は平成29年12月1日に仮想通貨交換業者に登録完了し、今は仮想通貨取引所としてサービスを開始する準備をしています。

サービス開始は平成30年2月1日を予定しています。

 

社長は世界を転々とする金融マンの息子で、アメリカや香港などで少年時代を過ごし、世界とのつながりやお金の流れについては考えることが多かった人です。