ANA(全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』とは?仮想通貨概要・上場・ICO情報など徹底紹介!|自宅で副収入したい人のブログ

ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』とは?仮想通貨概要・上場・ICO情報など徹底紹介!|自宅で副収入したい人のブログ

今回は、あのANA全日空)の共同企業体「株式会社ACD」が発行及び、ICOを実施する、仮想通貨『ACD』について、仮想通貨の概要や、上場・ICO情報などを公式情報を参考にして徹底紹介していきます。

 

【最新情報】
最新情報:ACD COIN、越境EC利用企業インタビュー「オイシックス
更新日:2019/04/24

 

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20190108130038j:plain


ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』プロジェクト概要

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。


【ACD公式情報】

 

 

ANA全日空)の共同企業体「株式会社ACD」とは?

f:id:jitakudefukusyunyu:20190108130055j:plain

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』プロジェクトメンバー

『ACD』のプロジェクトメンバーは、政治・金融・経済のプロフェッショナル達で構成されています。
主なメンバーの詳細は下記の通りです。


ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』特許技術

ACDは、「ACDプロジェクト」を支えるために特許技術を多数所持しているので紹介していきます。

・ 特許番号:特許第 6047679 号 (P6047679)「商取引システム、管理サーバおよびプログラム」
登録日 (発行日):2016/11/25 (2016/12/21)

・ 特許番号:特許第 6088100 号 (P6088100)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/02/10 (2017/03/01)

・ 特許番号:特許第 6169296 号 (P6169296)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/07/07 (2017/07/26)


ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』の市場規模

仮想通貨『ACD』の市場であるインバウンドEC市場の規模は、経済産業省の報告によると、2014年において米国消費者による日本のECを利用した購入額は4,868億(対前年比112.6%)、中国からの購入額に至っては6,064億(対前年比 155.4%)に及ぶといわれており、今後もこのインバウンド EC 市場は大きな伸びが予測されているのだとか。
経済産業省はまた、2017年のレポートで「世界の越境(インバウンド)EC の市場規模は 2020 年までに 9940 億ドルに達する」と予想しているそうです。
海外からの利用者の多くは、メイド・イン・ジャパンあるいは日本ブランドのもたらす信頼性から日本のECサイトを選択するか、または日本に観光で訪れた人が帰国後にインバウンドECを利用して購入する傾向があるとのことで、2020年の東京オリンピックを前に、インバウンドECはまだまだ大きなポテンシャルを秘めているそうです。


ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』ロードマップ

仮想通貨『ACD』のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

f:id:jitakudefukusyunyu:20190108130117j:plain

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始


ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』の仮想通貨概要・トークンセール情報


仮想通貨概要

トークンセール詳細
  • セール期間中の取得可能枚数: 3 億個
  • ACD の取得対価となる仮想通貨: BTC(ビットコイン)又は ETH(イーサ)
  • ソフトキャップ: 3000 万 ACD
  • ハードキャップ: 3 億 ACD
  • 販売期間: 2018 年 2 月 15 日から 2018 年 4 月 5 日
  • 販売予約受付期間

・ 第1期プレセール: 2018 年 2 月 15 日~
・ 第2期プレセール: 2018 年 2 月 28 日~
・ 第3期プレセール: 未定

  • 交換レート

・ 第1期プレセール: 1ACD = 23 円換算の BTC/ETH
・ 第2期プレセール: 1ACD = 32 円換算の BTC/ETH
・ 第3期プレセール: 1ACD = 未定

第1期、第2期プレセールは終了していますが、第1期プレセールでは、36分間で10億円が完売したそうです。
やはりANAの参入、既存事業で大きな実績があるのは投資家にとって素晴らしい材料ですね。

ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』上場情報

仮想通貨『ACD』は、コインスーパー取引所にすでに上場しており、2018年12月28日16時より取引が開始されました。
取引ペアは、ACD/USD、ACD/BTCとなっています。

ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』最新情報

仮想通貨『ACD』の最新情報について紹介していきます。

f:id:jitakudefukusyunyu:20190108130135j:plain



仮想通貨『ACD』、コインスーパーに上場決定

株式会社ACD(東京都江東区 代表取締役 園田康博)が発行するACDコインが、仮想通貨取引所であるコインスーパーにて、取扱いが決定したことをお知らせいたします。
12月28日よりコインスーパーにて取り扱いが開始されます。
コインスーパーは下記のサイトになります。
https://www.coinsuper.com/

コインスーパー 会社紹介
Coinsuper is a world leading digital asset exchange. We are a global elite team with extensive experience in financial advisory, compliance, wealth management and most importantly, cryptocurrency and financial technology. Apart from a very strong team, Coinsuper adopts methods such as SSL technology, multi-signature cryptocurrency wallets, offline capital management to ensure the security and stability of the platform. We also adopt google authenticator in customer login and fund/BTC withdrawal. All these are to ensure that our customers' assets are well protected.
We treat Security, Compliance and Stability as our primary focus and are committed to providing customer-oriented, efficient, professional and secure trading services to our valuable customers.

 

仮想通貨『ACD』、Bitcoin.com とビットコインキャッシュを利用し新しい決済方法について提携

Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「 Bitcoin.com」) と ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)は、暗号通貨の分野について、戦略的パートナーシップを締結することを発表致しました。
この提携により、ビットコインキャッシュと ACD が発行する“ACD トークン”の連携をおこなうことで、早ければ2019 年度の春にビットコインキャッシュプラットフォームで、ACD が提供する様々なサービスや、日本から“本物”をお届けするグローバルなオンラインショッピングをおこなうことが可能になります。
幅広く調査及びテストを重ねた結果、ACD と Bitcoin.com 共にビットコインキャッシュが暗号通貨の中で、手数料が低く、取引スピードが早いと信頼できるとのことから最も消費者及びビジネスにとって最適な暗号通貨であると賛同致しました。このパートナーシップは ACD がビットコインキャッシュを決済方法の一つとして推進するところから開始されます。
更に本パートナーシップによる ACD トークンの様々な用途や拡張、その詳細については、後日発表いたします。
また、今回のパートナーシップを経て ACD トークンはビットコインキャッシュプラットフォームとなる予定です。
ACD の CEO 園田康博から、”市場にある様々な暗号通貨を色々調査及びリサーチをした結果、当社はACD トークンとビットコインキャッシュを連携させ新しい決済方法として選びました。これはお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる決済方法を世界規模での取引が実現できると考えております。”
Bitcoin.com の CEO、ロジャー・バーから “ACD とビットコインキャッシュのパートナーシップに協力できることは非常に光栄です。ワールドワイドな航空会社の出資会社がワールドワイドの通貨を採用されることは必然であると考えます。”
ビットコインキャッシュP2P 電子通貨であり、誰からでも、どこからでも即時に決済ができる電子通貨システムです。費用がほぼ無料で、ダブルチャージのリスク、決済ができなかったり、送金が戻されることもございません。
ACD のようなグローバル会社には最適な組み合わせです。 お客様に革新的な決済方法を提供することによって、ACD が先んじてビットコインキャッシュ決済を取り組むことによって、競合他社との差が更に大きくつくでしょう。


仮想通貨『ACD』、『ANA CARGO DIRECT』におけるACDコインの決済連携開発を開始

株式会社ACD(以下「ACD」)は、ACDが基幹事業として展開する越境ECプラットフォーム『ANA CARGO DIRECT』(中国本土を除く) のすべてにおいて、決済手段の一つとして、ACDコインを活用できるよう決済連携開発を開始しました。

ACDコインはBCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、BCH決済モジュールを実装することで、すべての『ANA CARGO DIRECT』プラットフォームにおけるオンライン決済はもとより、インバウンド向けオフライン店舗への導入のため、数多くの提携企業との間で決済連携を進めていくことが可能となります。

一連の決済連携は、2019年度初旬から順次開始されることを予定しており、これは、今後、世界中のお客様がオンライン・オフラインとも安く、早く、そして信頼できる新たな決済方法として世界規模での取引が実現できると考えております。

このように当社は、革新的な決済方法を提供することによって、越境EC業界において、競合他社との差別化を大きく図ってまいります。

ACD、海外向け商品事前登録型受発注システム「EKKYO.NET」の特許を台湾で取得

海外向け商品事前登録型受発注システム「EKKYO.NET」の特許を台湾で取得いたしました。

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、すでに日本で特許を取得している"EKKYO.NET (越境EC等で販売される商品を事前に登録しスムーズな通関を補完するASPサービス:特許第6047679号)"の国際特許出願を進めてまいりましたが、このたび日本に次いで、中華民国(台湾)においても、ACDによる特許権取得が公式に認められました(特許取得日2018年12月11日:中華民国発明第I644275号)。

「EKKYO.NET」は、特許取得対象国のメーカー及びサプライヤーが海外向け越境ECを行う際、自国から海外の税関・検疫局への登録が可能となり、越境EC商流の全てが自国で完結することを可能にします。

現在、ACDは、中国をはじめ香港、インドネシアシンガポール、タイなど14か国へ国際特許出願が完了しており、各国において特許査定審査中となっています。また、その他の国々への出願も準備しており、順次、出願を行ってまいります。

仮想通貨『ACD』、「インバウンド&中国越境ECセミナー」への参加を発表

 

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、2019年1月22日(火)13:30~宮崎県立美術館で開催されますインバウンド&中国越境ECセミナー「訪日インバウンド需要の展望と中国ネットビジネス」に参加いたします。
セミナーは、宮崎県、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行みずほ銀行が主催となり、宮崎県商工会議所などに呼びかけて、地方創生や地域活性化に取り組む企業が参加して行われているものです。
今回のテーマは、今後ますます増加傾向にある中国を始めアジア諸国からのインバウンド客への対応と、中国向け越境ECへの取り組みを中心に開催されます。

ACDの株主であるANAホールディングス(株)も、2017年10月20日に宮崎県との間で、観光産業の振興、地域経済の一層の活性化を図るため、相互の資源を有効に活用した協働による活動を推進することを目的とした「観光振興に関する連携協定」を締結しており、ACDといたしましても、日本の地域における産業振興を盛り上げるためにインバウンド施策と連動した越境ECの分野で宮崎県とも連携し、観光振興にも寄与・貢献してまいりたいと考えております。

今回のセミナー参加を機に、地域創生に積極的に取り組んでいる宮崎県とACDのサービスを身近で感じていただくとともに、今後中国を始め世界の顧客に対して積極的に地域の名産品などを紹介していければと考えておりますので、引き続きACDの業務へのご理解・ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

仮想通貨『ACD』、「全日空海淘」に、ベビースターラーメンの株式会社おやつカンパニーが旗艦店を出店

 

株式会社おやつカンパニー(本社:三重県津市 代表取締役社長 手島文雄 以下「おやつカンパニー」)は、株式会社ACD(本社:東京都江東区 代表取締役 園田康博 以下「ACD」)の運営する越境ECプラットフォーム「全日空海淘」において、2019年2月に旗艦店として出店することを決定致しました。

この取り組みにより、ベビースターシリーズや、パンスナック菓子類などを中心とする主力商品をおやつカンパニー旗艦店にて海外の消費者へBtoCで販売を開始いたします。

また、総工費30億円をかけておやつカンパニー久居工場に隣接して建設中の「おやつタウン(2019年7月開園予定)」(株式会社おやつタウン:三重県津市 代表取締役社長 松田好旦)も介して海外への情報発信を同時に行っていく方針です。

おやつカンパニーとACDは、越境ECの取り組みだけでなく、三重県の地域創生を目指した外国人観光客の取り込みや名産品の認知拡販を目指すべく、地域活性化を踏まえた国際的なプロモーションを展開してまいります。

おやつカンパニーの概要】
社 名 :株式会社おやつカンパニー
設立日 :1948年9月3日
所在地 :三重県津市一志町田尻420番地
代 表 :代表取締役社長 手島文雄
資本金 :1億円
事業内容:菓子・食品製造

 仮想通貨『ACD』、香港における龍豊集団とのコイン連携での提携

 

株式会社ACD(本店:東京都江東区 代表取締役園田康博 以下「ACD」)は、香港において展開しているドラッグストアチェーンの最大手、龍豊薬業(集團)有限公司(以下「龍豊集団」)と提携し、香港におけるドラッグストアチェーンの全店舗において、ACDが発行する暗号通貨(ユーティリティコイン)「ACDコイン」を店舗利用者に対し、店舗利便性の向上および店舗売上増大の一環として、2019年度初旬を目途に店舗における決済手段の一つとして利用できるよう順次導入を開始することについて合意いたしました。

龍豊集団は、香港における流通業と小売業を担っており、医薬品、健康および美容補助食品、スキンケア、パーソナルケア製品の流通および小売を行っており、2019年で設立27周年を迎えています。現在、龍豊集団は、新界地域に18店舗を出店しており、今後は香港に限らず、中国やマカオ市場への事業展開を積極的に進めています。

 またACDコインは、BCH(ビットコインキャッシュ)プラットフォームと連携し、特に海外保有者向けにクロスボーディングサービスの利便性を高めるために開発された暗号通貨(ユーティリティコイン)です。

今後は、ドラッグストアチェーンを始めとし世界中のオフライン店舗とのインバウンドビジネスにおける相乗効果を最大限に高めるため、ACDコインを活用し、よりその利便性・利用率を高める方針です。
 以上の取り組みにより、ACDは龍豊集団との今後更なる連携強化を図り、香港でのACDコインの普及に努め、世界各国へ展開して参ります。

  仮想通貨『ACD』、短期ロードマップをBitcoin.comと共同で発表

ANA ホールディング株式会社が出資する株式会社 ACD(代表取締役社長:園田康博。以下「ACD」)と Bitcoin.com( 代表取締役社長:ロジャー・バー、以下「Bitcoin.com」)は、ACD の発行する ACD コインのビットコインキャッシュベースプラットフォーム移行に伴う ACD コインの価値向上のための総合的な戦略事項について、2019 年 1 月 19 日にそれにかかる MOU(Memorandum Of Understanding)を締結いたしました。
この合意は、ACD と Bitcoin.com が推進する ACD コインのビットコインキャッシュプラットフォームへのスワップ開発の短期完了を見据え、実質的な事業開始までに両社の提携強化および開発支援を通して ACD が実施する ACD コイン活動のサポートを目指すものであります。
ACD と Bitcoin.com は、今回の合意に伴い ACD コインの短期的な展開ロードマップを発表いたします。ロードマップに記載される各項目の具体的な実施時期などの詳細については、適宜開示していく予定です。
また、Bitcoin.com 代表のロジャー・バー氏は、今後 ACD コインを保有するとともに、ACD コインに対する全面的なサポートを行うことを表明しました。さらに、両社による ACD コインの未来志向的な取り組みについて、下記のロードマップに従い推進していくことを決定いたしました。
今後 ACD は、Bitcoin.com とともに、ACD コイン・ビットコインキャッシュのより具体的な利用用途を広めていくことで、ACD コインのさらなる利便性向上を目指していくものであります。

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20190218102749j:plain

 

 仮想通貨『ACD』、友好的なTOB受入決定を発表

 

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、ANA CARGO DIRECT事業の韓国におけるEC及び決済に関わる現地ビジネスマーケティングパートナーとして提携を予定している韓国法人ASIAN CONSULTING GROUP(本社:韓国ソウル、代表:KIM TAE WOO)から、今後の日韓双方向で展開を予定するANA CARGO DIRECT事業並びに暗号通貨決済ビジネスでの協業および更なる強固な提携関係構築のため、ACD COINの公開買い付けによる大量取得の意思表示を受け、友好的TOBとして当意思表示の受け入れを承諾したことを発表した。

すでにACDとASIAN CONSULTING GROUP社とでは、韓国でのANA CARGO DIRECT事業の推進及び世界各国のVIP用医療施設KOREA MEDICAL PARKにおいて、ACD COINにて医療費の決済を行う為の提携も合意しており、今後の韓国におけるEC並びに決済サービス事業の拡大を目指していく。

TOB詳細>
◆実施企業:ASIAN CONSULTING GROUP   https://consult.co.kr/
◆公開買い付け価格:0.00014000BTC
◆第一回買い付け総額:269.54BTC
◆第一回買い付け枚数:1925285ACD
◆応募多数の場合は抽選により決定

【ASIAN CONSULTING GROUPの概要】
社名:ASIAN CONSULTING CORPORATION
設立日:1984年02月09日
所在地:♯620. AcetechCity2cha.13gil-25, Sunyu-ro,Youngdeungpo-ku,Seoul,Korea.
代表者:Chairman KIM TAE WOO

 

venturetimes.jp

 

 仮想通貨『ACD』、TOBの受賞者リストを公開

 

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、2019年2月7日より募集が開始されていたTOBの受賞者リストを公開したことを発表した。

TOBの受賞者は70人おり、1,924,346ACDの公開買付けが近々行われる。

なお、TOBの申し込みが成功した候補者にのみEメールが送信される。

アプリケーション詳細
応募総数:171
ACDコインの量:25,363,265(目標額は1,925,285 ACD)
倍率:13.17

以下ACD公式サイトより引用

We released the list of winners of TOB.
There are the 70 winners people, the tender offer of 1,924,346ACD will be carried out soon.

We will only Email successful candidates.

Application Details.
Total application : 171
Amount of ACD coin :25,363,265 (Target amount is 1,925,285 ACD)
magnification : 13.17

 

 

venturetimes.jp

 

 仮想通貨『ACD』、BCHプラットフォームへの移行開発が完了

ANAホールディングスが出資する株式会社ACD(本社:東京都江東区、代表:園田康博)は、ACDコインのBCHプラットフォームへの移行開発が完了したことを発表した。

ACDコインはBCHプラットフォームとなったことにより、Bitcoin.comウォレットの利用が可能となり、実店舗での決済に向けて大きく前進した。

利用可能な店舗に関しては随時特設サイトにて発表される。

 

 

 仮想通貨『ACD』、 スワップに関するお知らせ

ACDという名のトークンが3種類存在いたしますので、下記のように呼称いたします。

・ACDコイン:下記3種類のコイン全てを含めたコインの総称

① 旧ACD:プレセールにて販売されたACDトーク

② 新ACD:第一回のスワップにて交換されたACDトーク

③ ACD(BCH):今回のスワップで交換されるBCHプラットフォームのACDトーク

BCHプラットフォームへの移行に伴い、ACDコインのスワップが再度実施されます。スワップの手続きにつきましては下記の通りです。

1.Coinsuper内で新ACDを保有している方コインスーパー内で自動交換されます。Coinsuperにて3/12 12:00~ACDコインの引き出し、預け入れができなくなります。また、Coinsuper内でのスワップが完了後、新ACDをCoinsuperに送ることができなくなります。※スワップ完了後にお手持ちの新ACDコインをCoinsuperに送ると、Walletに反映されず、返却対応も受けられなくなりますのでご注意ください。
詳細のスケジュールなどはコインスーパーのサイトも合わせてご確認ください。https://coinsuper.com

2.MyEtherWalletで新ACDを保有している方BCHプラットフォーム用のWalletをご用意ください。そちらにACD(BCH)をお送りいたします。
Walletの作成方法は下記のマニュアルをご参照ください。

https://acd-coin.com/news/manual/bchwallet/badger_manual.pdf

Walletの作成が完了いたしましたら下記のフォームより、ご自身の情報をご記入ください。

https://business.form-mailer.jp/lp/389c18df100806
お持ちの新ACDを下記のアドレスに送付してください。新ACDの返却が確認できましたら、ACD(BCH)を配布させていただきます。

0x6D956b074e16DE1b5D943b7333c2eEed92BCe004

まだお手元に旧ACDをお持ちのお客様は別のお手続きとなりますので、下記の宛先までご連絡をお願い致します。

support@acd-coin.com

再度のスワップとなりホルダーの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、今後のACDコインの発展のために必要なアップデートとなりますので、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

スワップに関するお問い合わせ先】

クリプトスクエア株式会社

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル704-BE-

mail:support@acd-coin.com

  仮想通貨『ACD』、 越境EC利用企業インタビュー「オイシックス

オイシックス
2000年創業。企業独自の厳密な基準をクリアした野菜や果物などの農作物、無添加加工食品など安全性に配慮した食品・食材の宅配サービスを展開。2009年に香港進出。オフィス向けのサラダデリバリーサービス「Salad Oisix forオフィス」なども手掛ける。

https://hk.oisix.com/

 

高橋大就 様
オイシックス株式会社
執行役員 アライアンス/グローバル本部副本部長
海外事業部部長

マルチリンガルカート導入支援
会員優待機能カスタマイズ
中国語繁体字 | 日本語 | 英語

1. お客様の課題
1. 多言語に対応できることが必須条件だった。
2. プロジェクトの創成期にあり、共にサービスを具体化していけるアウトソーシング先を探していた。
2. 効果
● 規模の拡大に併せて、徐々にサービスを充実させることができた。
● 売上も上がり、さらなる改善を目指すための土台ができた。
Q. ネットショップシステム「マルチリンガルカート」をご利用いただいた理由は何ですか?
マルチリンガルカート」は、2009年の「Oisix香港」立ち上げ以来ずっと使わせていただいています。

そもそも我々が海外進出にあたり、ターゲットとしたのは地元の方々です。もちろん香港在住の日本人のお客さまも大切ですが、「豊かな食生活をより多くの方に」という弊社のミッションから照らすと、日本人のお客さまだけを相手にしていても意味がないと考えていました。

ですから大前提として複数言語に対応でき、費用対効果の高いこと。それから私たちに専門知識がなくても使いやすいというユーザビリティーの高いシステムであること。こうした点を他社と比較した結果、「マルチリンガルカート」を選びました。

Q. システムの特長のほかに判断基準となったことがあれば教えてください。
先に話したように、私たちは地元の方々をターゲットにしています。そこで日本語を話せる香港出身者を社員として採用し、香港人に響くアプローチ法を模索してきました。お客さまに食を通して“感動という価値”を伝えるには、日本語を広東語に置き換えたという額面通りの翻訳では対応しきれない面があります。

だからこそ適材適所が大事。いかにシズル感を伝えるのかといったマーケティング部分は弊社で集中的に行いながら、サービスの根幹となるサイトの構築・運営は信頼できるアウトソーシング先に依頼したかった。マルチリンガルカートさんなら単にシステムを提供してもらうだけでなく、一緒にサービスを向上させていけると判断しました。

Q. サービスを利用した率直な感想をお聞かせください。
香港には「Oisix香港」のようなオンラインで生鮮品を買うという文化がありません。日本であれば9割以上のお客さまが毎週のようにご購入されるのに、香港はほぼ単発で、日常的にサービスをご利用いただくということへのハードルは今も高いです。つまり私たちのプロジェクトは香港で新しい文化を創出することでもあります。

企業として、先の読めないプロジェクトに最初から大きな投資は難しい。しかし「マルチリンガルカート」で導入コストが削減できたし、プロジェクトが形になっていく過程でシステムを徐々に改善していけた点が非常に良かったと感じています。

Q. 「マルチリンガルカート」に改善点はあるでしょうか。
実際にサイトがオープンしてから今日まで運営上の問題はなかったのですが、今後の課題として挙げるなら通貨の問題でしょう。「Oisix香港」のように現地の方がメインターゲットというサイトを運営している以上、利便性を考えれば自国通貨の為替レートで購入できるのがベストです。もちろんサイト上で香港ドルの販売価格を確認はできますが、円ベースで価格が決まるので日々変動します。世界経済が激変する中、円安が香港のお客さまにとってプラスに働くこともありますが、自国の為替レートで購入できるほうがお客さまの納得度も高いはずです。

Q. 今後はどのような展開を予定されていますか。
アジアを中心に富裕層が増えることが見込まれていますが、富裕層が増えれば、食に対する高い意識を持つ人も増えるでしょう。そうしたニーズに国内外問わず応えていくことが我々の使命ですし、香港に続く海外での展開も視野に入れています。

しかし、そうは言っても「Oisix香港」は途上の過程にあります。特にこの1年くらいは、マルチリンガルカートさんにわがままを言いながら、さまざまな会員向けサービスを導入してきました。おかげさまで、2013年3月期と2014年3月期の売上を比較すると約4倍に成長させることができましたが、結果を出せている時だからこそもっとサービスを向上させたい。さらに改善していくので、引き続きどうぞよろしくお願いします。

 

引用元:「ACD公式サイト」

※最新情報があり次第追記していきます。

 

ANA全日空)の共同企業体が仮想通貨を発行!仮想通貨『ACD』まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20190108130201j:plain

長々と難しい話にお付き合いいただきありがとうございました。
今回は、あのANA全日空)の共同企業体「株式会社ACD」が発行及び、ICOを実施する、仮想通貨『ACD』について、仮想通貨の概要や、上場・ICO情報などを公式情報を参考にして徹底紹介していきました。
仮想通貨『ACD』は、ANA全日空)が絡んでいたので以前から噂や評判になっていました。

  • 特許も多数取得している。
  • ANA共同企業体
  • ロジャー・バーが代表の「Bitcoin.com」と提携
  • 巨大な市場規模
  • すでに上場済み

と期待できる要素が多い仮想通貨ですね。
今後も仮想通貨『ACD』の情報があり次第更新していきます。
気になった方は、ANA全日空)の共同企業体が発行する仮想通貨『ACD』に注目してみてはいかがでしょうか。

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表!|自宅で副収入したい人のブログ

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表!|自宅で副収入したい人のブログ

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表したので紹介していきます。

 

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142854j:plain

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

jitakudefukusyunyu.hatenablog.com

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表!

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142907j:plain

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されます。DISCIPLINAプロジェクトで使用されるこのプロトコルは求人募集している雇用主に正確な検証された成績データを提供する為にのみ用いられています。

このプロトコルの利用にあたり2人の当事者が存在します。それはトークンの買い手と売り手です。一般的な売買システムにおいては流通資金をプールし流通データを検証する仲介者が存在します。しかし、従来のデータ公開アルゴリズムと異なり、DISCIPLINAでは仲介者は必要としません。DISCIPLINAプロジェクトにおいてブロックチェーンこそがすべての取引の有効性を保証する合意メカニズムを備えた分散型台帳なのです。

先述した通りDISCIPLINAプロジェクトに関わる全ての参加者はデータが有効であるかどうか判断する機会があります。もし登録データに関して争いが生じたとしても参加者はブロックチェーン上に記録されたデータを判断材料として証明することが可能です。買い手が無効だと主張するデータをネットワークのノードに確認させ、その後に有効か無効かについて決断を下すことができます。ちなみに両当事者はそのデータに対して信頼し取引が公正であると同意する場合、ブロックチェーン上のノードはデータにアクセスすることはありません。

取引前に、買い手は検証を行う事をノードに通知しなければなりません。全ての取引記録データは検証済みであり有効なものでなければならないからです。売り手は暗号鍵を用意する事でデータを暗号化し、そしてその暗号鍵をブロックデータの代表となるデータ「マークル・ルート」を計算して、この「マークル・ルート」を参加者が閲覧できるパブリックブロックチェーンに入れます。

買い手はセッションの公開鍵と暗号鍵のペアを作成し、暗号鍵を公開して取引を行います。さらにこの取引におけるスマートコントラクトに保管するDisciplinaトークンを送信します。

売り手は所定の保証金をコントラクトアドレスに送信し内容の障害確認の為、一定時間待ち時間が発生します。その後、買い手にプライベートブロックチェーンで暗号化したデータを送信します。こうすることでブロックチェーン上に大量の情報を保管せず、また記録に関しての争いが生じた場合にその記録データの全てを公開する必要がなくなるのです。

買い手が暗号化データを受領したことを確認後、売り手は買い手の公開鍵で暗号鍵を発行します。

この売り手の暗号鍵で買い手はデータを解読できます。この段階で2つのシナリオが考えられます。

1.買い手が記録データが虚偽があって無効であると考える場合、その部分に秘密鍵を使用し公開します。Disciplina参加者は誰でもそのデータ部分を解読し真正なデータであるか確認機能が使用できます。大まかな流れとしては売り手が買い手にプライベートチェーン上で送信したデータの中に疑問部分が実際に含まれていたことを証明する為に買い手は同部分の「マークル・パス」も提出します。買い手が同データについて無効であることを証明できた場合、売り手が当初送信していた保証金とともに自分の資金も払戻しを受けます。

2.すべてのデータが真正であった場合、買い手はパブリックチェーンの取引にてそれが確認出来ます。虚偽があった場合では一定期間の後にスマートコントラクトは自動的に資金を売り手に送信します。

 

The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.The protocol ensures the exchange of reliable data for cryptocurrency and guarantees that none of the parties will be able to take advantage over each other. This protocol is used in the DISCIPLINA work in order to only provide recruiters with verified data on academic achievements.
The protocol has two parties - the Buyer (B) and the Seller (S). The system also has an intermediary that can hold money and validate the data. However, unlike conventional data exchange algorithms, this intermediary in DISCIPLINA is a blockchain — a decentralized ledger with a consensus mechanism that can ensure the validity of all the transactions.
Each party will have the opportunity to determine the validity of the data. If any disputes occur, the parties will use blockchain as a final judge: the chunk of data that the Buyer claims to be invalid is observed by the nodes of the network, and then the Buyer decides whether the data is valid or not. It should be noted that the blockchain nodes will not have access to the data as long as the parties agree on the fairness of the deal.Before making a deal, the Buyer will have to notify the nodes about the function that will be used for the validation. Each chunk of the traded data will have to be valid in terms of this validation function. The Seller then encrypts the data with a session key, computes a Merkle root of the encrypted data, and puts this Merkle root in the publicly available chain of blocks.The Buyer creates a session keypair and makes a transaction, making the session public key available for everyone. They also send coins that are locked on the smart-contract with this transaction.
The Seller sends a fixed security deposit to the contract and waits for a pre-agreed confirmation period in order to be sure there is no chain rollback. They send the encrypted data chunks to the Buyer off-chain, which allows to avoid storing a big amount of information in the blockchain and disclosing the entire dataset in case of dispute.After the Buyer confirms that they have received the encrypted chunks, the Seller publishes a session key encrypted with the public session key of the Buyer.Now the Buyer can decrypt the data. This stage has two possible scenarios:1. If the Buyer finds out that some data chunk is invalid, they can just identify that invalid chunk and reveal his private session key. Any user can then decrypt the chunk and apply the validation function. In order to prove that this chunk was indeed among the data that the Seller sent to the Buyer off-chain, the Buyer also provides a Merkle path of this chunk. In the event that the Buyer can prove the data is invalid, they receive their money back, along with the security deposit initially provided by the Seller.
2. If all the data is valid, the Buyer acknowledges it through the on-chain transaction. If they fail to do so, the contract automatically sends the money to the Seller after a certain time period.

 

引用元:【Disciplina(ディサプリナ)】公式サイト

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142818j:plain

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開を可能にするアルゴリズムの実現について発表したので紹介していきました。

アルゴリズムを用いたプロトコルを利用することで、信頼性の高いデータをDisciplnaトークンと引き換えに提供し、データのやり取りを行う双方ともに不正を行えないということが保証されるそうです。

期待できるブロックチェーンなので「Disciplina(ディサプリナ)」をチェックしておいてはいかがでしょうか。

最新注目仮想通貨「WWB」とは?注目の上場仮想通貨の全てを公開!|自宅で副収入したい人のブログ

最新注目仮想通貨「WWB」とは?注目の上場仮想通貨の全てを公開!|自宅で副収入したい人のブログ

 

今回は、最新注目仮想通貨「WWB」とは?今さら聞けない注目の上場仮想通貨の全てを公開していきたいと思います。

 

2019年1月30日更新

f:id:jitakudefukusyunyu:20180517114329j:plain

最新注目仮想通貨「WWB」とは?

 

WWBはシンガポールで開発されている仮想通貨で、Wowooがプラットフォームの名称であり、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWWBになります。
Wowooは人々の善意・芸術的価値・感動に対して、報酬をしっかり受け取ることが可能なプラットフォームを目指しているのです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

WWB公式サイトはこちら

 

wowoonet.com

WWBホワイトペーパーはこちら

http://wowoonet.com/pdf/wp_wwb_e_v204.pdf

 

最新注目仮想通貨「WWB」仮想通貨詳細

f:id:jitakudefukusyunyu:20180412111752j:plain

仮想通貨「WWB」はイーサリアムをベースに作られ、スマートコントラクトを実装しています。

イーサリアムと違うところはWWBはマイニングが行われず、Wowooシステムが発行枚数などを管理しています。

ただし、非中央集権の性質も持っているので発行枚数の増減など大きな変更については特別議決機能(Wowoo委員会の承認とWWB保有者の2/3の可決)によって決められます。

Wowooの運営がWWBの管理を行う一方で、WWB保有者にも投票権を与えて公平性を保っています。

 

  • 仮想通貨の名称:Wowbit(ワオビット)
  • 単位:WWB
  • 発行枚数:1,111,111,111(WWB)
  • プレトークンセール開始日:2018年1月17日
  • トークンセール:2018年2月22日〜2018年3月2日
  • ICO:2018年3月以降
  • ICO価格:1WWBあたり0.0011ETH

 

最新注目仮想通貨「WWB」注目ポイント

 

最新注目仮想通貨「WWB」は下記の3つの点で注目されています。

f:id:jitakudefukusyunyu:20180506153642j:plain

  1. 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  2. ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  3. NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

日本最大級のQ&Aサイトである「OKWAVE」を運営している株式会社オウケイウェイブは子会社を通じて、このプロジェクトに出資をしており、更に仮想通貨の第一人者であるロジャー・バー氏と、NEOの創業者であるDa Hongfei氏もこのWWBのアドバイザーとして参画しています。

 

最新注目仮想通貨「WWB」特徴

 

最新注目仮想通貨「WWB」の主な特徴は、「特別決議機能」「準備金制度」の2点が挙げられます。

 

  • 「特別決議機能」

WWBの準備金制度における特別決議機能は、ルール変更など重要な決議において、WWBの保持者による投票で意思決定がされることです。
投票率3分の2以上で採択される仕組みになっており、WWBは非中央集権の運営ではなく自律した運営を実現できるということです。

 

  • 「準備金制度」

準備率(CR)は20%で、新規に仮想通貨WWBが発行される際には、ETHの準備高がWWB価値合計値の20%になるように自動調整され、その結果、WWBの売買者の間を公正なバランスで保ち、大きな安定性を生み出すことにつながります。

 

 

最新注目仮想通貨「WWB」上場先詳細

 

最新注目仮想通貨「WWB」の上場先である取引所「BIT-Z」について詳細をお話していきます。

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20180529133101j:plain

BIT-Z特徴

  • 入出金手数料:無料※出金時は別途取引手数料 メイカー・テイカーともに一律0.1%
  • トレードの種類:現物取引 OTC相対取引
  • 取り扱い通貨数:83種類
  • 通貨ペア BTC建て:74種類
  • ETH建て:41種類
  • DKKT建て:4種類
  • アプリ:iOS版、Android


Bit-Zは2016年に開設された、香港、北京、シンガポールを拠点する中華系の取引所ですが、会社名、代表者などの情報は一切不明のようです。

 

最新注目仮想通貨「WWB」ロードマップ

 

最新注目仮想通貨「WWB」のロードマップは下記のとおりになっています。

  • 2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
  • 2018年第2四半期:Wowooシステム開発
  • 2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
  • 2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

f:id:jitakudefukusyunyu:20180926112642j:plain

最新注目仮想通貨「WWB」動画公開


Wowoo Ecosystemについての動画

 

youtu.be

 

Wowoo Platformβ版についての動画

 

youtu.be

 

 

最新注目仮想通貨「WWB」現在までの進捗情報

最新注目仮想通貨「WWB」の現在までの進捗情報をまとめて紹介していきます。

f:id:jitakudefukusyunyu:20180506153704j:plain

  • オウケイウェイヴ、仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定
  • 最新注目仮想通貨「WWB」、近日配布と公式サイトより発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がBIT-Zに上場!
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が新規プロジェクト「Wowoo Entertainment」を予定
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がグローバルブロックチェーンサミットに参加2018
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がBitcoin.comによるパートナーシップ
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がWowoo Platformβ版リリース
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がWowoo Exchangeに関するアップデートを公表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がCoinExに掲載される
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がACUとのコラボレーション(アメリカ保守組合)を発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がSACシステムの開発と新しいトークンの発行を発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がWowoo Exchangeをアップデート
  •  最新注目仮想通貨「WWB」がWWBCトークンに関する追加情報を公開
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が新しいトークン、Wowbit Classicの詳細説明を公表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がFAN Bettingホワイトペーパーを公開
  • 最新注目仮想通貨「WWB」がFANベッティング(FANBTG)の支払いに利用可能
  • 最新注目仮想通貨「WWB」、 LESプロジェクトがWowoo Platformを使用して実施すると発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」、Four Nineに関する最新情報公開
  • 最新注目仮想通貨「WWB」、クラウドマイニングのための受け入れについて公開
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、ColdLarウォレットに受け入れられたと発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、神宮外苑いちょう祭りのスポンサー&社会実験を発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、Wowoo ExchangeのKYC承認プロセスの開始日を公開
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、LIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介を発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」が、AFAの活動報告とWowooエンターテイメントの取り組みについて発表
  • 最新注目仮想通貨「WWB」、Wowbit Classic(WCC)の発行が完了

まず最初に、Wowbit Classic用のトークンシンボルがWCCに決定されました。そして、Wowbit Classic(WCC)トークンの発行が無事に完了したことを発表できてうれしいです。

WCCはユーティリティトークンで、来年発売予定のWowooプラットフォームのスマートアクティブコントロール(SAC)システムのサービス料として使用されることになります。

SACは、トークンの生成を管理し、権利の発生と失効、権利の再作成、経済的権利、燃焼、エスクローなどの固有の価値を生み出すことが可能な、トークンの生成を管理する、私たちのプロジェクトの重要なサービスです。トークンのスマートコントラクトを設計するための簡単で、シンプルでありながら強力な経験。ホワイトペーパーで説明したように、金銭の準備、保管、価値管理、宝くじなど、トークン経済を実現するためのさまざまなニーズがあると考えられます。知識。

WCCは事前に決定されていないWowooの追加コンテンツであるため、トークンの販売を行わず、新しいWCCトークンのWowbit(WWB)トークン所有者に無料(*)のクレジットを付与します。アイデアを刺激することで、世界をより良い方向に変えるための新しいトークンを簡単に作成できます。

[トークンの説明]

トークン名:Wowbit Classic

トークンシンボル:WCC

総供給量:3,333,333,333

1トークンあたりの概算価格:TBC

トークン契約アドレス:0xe19937b53da7275bc5d6ca679f19fd88a549d163

来年初めにはキャンペーンキャンペーンの特別発表があり、そこではWWB保有者がWCCトークンを受け取るために申し込むことができます。

WWBトークンを所有しているだけでは、WCCトークンが自動的に入金されるわけではありません。

WWBはNEP-5(NEO)標準トークンであり、WCCはERC-20(Ethereum)標準トークンであり、今日ではクロスチェーン配信システムはありません。つまり、ユーザーはキャンペーンに参加するために特別な手順を踏む必要があります。キャンペーンは限られた期間だけ開催され、ユーザーからの要求されていない、またはそのような場合には責任を負いません。

私達は現在、プロジェクト所有者によるSACシステムの将来の使用のためにトークンの流動性を改善するためにWCCトークンのリストのために、交換を暗号業界のリーダーの一人の下で運営することを含む複数の取引所と話し合っています。

また、WWB上場については、中国の世界的に有名な企業が投資した為替と、中国や他のアジア諸国に影響力のある為替との間で契約を締結中です。

それに応じてさらなる情報が発表されます。

 

First of all, token symbol for Wowbit Classic is decided to be WCC, and we are excited to announce that we have safely completed the issuance of Wowbit Classic (WCC) token.

WCC is a utility token in which will be dedicated to be used as a service fee of the Smart Active Control (SAC) system of Wowoo Platform, which is scheduled to be released next year.

SAC is a key service of our project which manages the generation of tokens and controls its rights, which will be capable of creating inherent values such as originating and lapse of rights, recreate rights, economic rights, burn, escrow, etc. SAC provides an easy, simple, and yet strong experience of designing Smart Contracts of a token. As we have mentioned in our whitepaper, we believe that there will be various needs for achieving a token economy, such as monetary reserve, custody, value control, lottery, etc., and SAC may be the killer contents in customising these contracts without technical knowledge.

As WCC is an additional contents of Wowoo which were not decided beforehand, we will not conduct any token sales, and will credit our Wowbit (WWB) token holders of the new WCC tokens for free(*), in the wish that anyone with an inspiring ideas could easily create new tokens to change the world for the better.

[Token description]

Token Name: Wowbit Classic

Token Symbol: WCC

Total Supply: 3,333,333,333

Estimated price per token: TBC

Token Contract address: 0xe19937b53da7275bc5d6ca679f19fd88a549d163

There will be a special campaign program announcement early next year, in which WWB holders can sign up for in order to receive their WCC tokens.

Please note that just by owning WWB tokens WILL NOT automatically credit you WCC tokens.

WWB is a NEP-5 (NEO) standard token, and WCC being ERC-20 (Ethereum) standard token, there are no crosschain distribution system today, meaning that users must go through special steps to join the campaign. The campaign will only be held for a limited time, and we will not be responsible nor make any exceptions for any unclaimed or such occasions by the users.

We are currently in discussion with multiple exchanges, including developing exchange operates under one of the leaders of crypto industry, for the listing of WCC token in order to improve the liquidity of the tokens for the future use of SAC system by the project owners.

Furthermore, for WWB listing, we are in process of settling an agreement with exchange invested by world-famous companies in China, and exchange which has high influence in China and other Asian countries.

More information will be announced accordingly.

 

 

 

venturetimes.jp

最新注目仮想通貨「WWB」まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20180926112823j:plain

最新仮想通貨「WWB」とは?注目の上場仮想通貨の全てを公開していきました。

仮想通貨「WWB」は、BIT-Zにすでに上場しており、「OKWAVE」が出資、ロジャー・バーとNEOの創業者が参画と、注目すべき仮想通貨です。

今後も仮想通貨「WWB」に期待してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨「WWB」について最新情報が公開され次第追記していきます。

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開の安全性を保証すると発表!|自宅で副収入したい人のブログ

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開の安全性を保証すると発表!|自宅で副収入したい人のブログ

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開の安全性を保証すると発表したので紹介していきます。

 

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142818j:plain

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

jitakudefukusyunyu.hatenablog.com

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】データ公開の安全性を保証すると発表!

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142907j:plain

DISCIPLINAプロジェクトは各教育機関に属する学生の成績データを収益化する機会を提供することによって、学業成績と雇用という分野において可能な限り便利で有益なものにすることを目標としています。
求人募集している雇用主はDISCIPLINAを通じて虚偽のない証明された学歴や成績結果を検索することが可能となり、興味のある学生候補者に関するデータにアクセスするために各教育機関へ閲覧料金を支払います。

このアイデアを正しく実現するにあたって、各教育機関が求人募集している雇用主に対して偽造データを売るといった、すべての詐欺や虚偽について検討し不正が行われないようにしなければ成立できません。

このような問題に対して、信頼できる仲介者がデータの転送を監視し取引資金を留保すれば避けられる事態とも考えられます。
しかし、「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能する為仲介者は必要なく常にオンライン上で監視する必要もありません。

実際には、先に説明した仲介者を必要としない「“optimistic fair exchange”」の様なデータ交換のためのデータ入力を行うことは複雑な作業といえるでしょう。このような状況でのデータ交換の統合をとっていく事はむしろ不確実になるといえます。
「“optimistic fair exchange”」の実装において、データ交換を行う2者間でお互いが不正をしない確実性を高めていくという事が特徴です。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事でした。その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたのです。

次の記事では、DISCIPLINAのブロックチェーン技術の実際にどのように組み込んでいくのかについてお伝えします、ご期待ください。

 

The DISCIPLINA project aims to make the working conditions of educational institutions and teachers as convenient and beneficial as possible by providing them with the opportunity to monetize the data on student academic achievement. DISCIPLINA will allow recruiters to search for verified records on education and pay for the access to the data on specialists they are interested in.
To implement this idea correctly, it is necessary to consider every detail and provide protection from fraud, since there is a risk that any educational institution may start selling falsified data to recruiters.
Such situations can be avoided if there is a trusted intermediary that can observe the data transfer and hold the money. It is also possible to use an “optimistic fair exchange” algorithm for these purposes, where the intermediary acts as a judge and does not always have to be online.
The implementation of a data exchange protocol without an intermediary is a more complicated task. In such situations, the integrity of data exchange is only probabilistic. The specificity of these protocols is that two parties exchange chunks of data, increasing the certainty that the other party plays fair.
The DISCIPLINA team had a goal to develop a protocol of data exchange that doesn’t require a trusted intermediary and at the same time guarantees the absence of fraudulent actions from both parties. To do this, the project team decided to employ blockchain technologies.
In the next article, we will tell you about the technological implementation of the DISCIPLINA data disclosure protocol.

引用元:【Disciplina(ディサプリナ)】公式サイト

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142854j:plain

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がデータ公開の安全性を保証すると発表したので紹介していきました。

「“optimistic fair exchange”」というアルゴリズムを利用すればそれ自体が審判として機能するので安全性が保障されるそうです。

DISCIPLINA開発チームの目標は、仲介者を必要としないP2Pネットワークにおいてデータ交換を行う双方の当事者が不正を働かず、虚偽のない事が保証されたデータ交換プロトコルを開発する事で、その検討の結果ブロックチェーン技術の採用が決定されたそうです。

期待できるブロックチェーンなので「Disciplina(ディサプリナ)」をチェックしておいてはいかがでしょうか。

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】プロジェクトの対象者について発表!|自宅で副収入したい人のブログ

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】プロジェクトの対象者について発表!|自宅で副収入したい人のブログ

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がプロジェクトの対象者について発表したので紹介していきます。

 

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142818j:plain

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

jitakudefukusyunyu.hatenablog.com

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】プロジェクトの対象者について発表!

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142854j:plain

DISCIPLINAプロジェクトは、特に教育関係における人事の採用に向けて開発されています。特に教育機関や人事部門の人たちという「学習・教育・成績証明」焦点をあてた有効なブロックチェーン技術の導入を計画しております。
例を挙げるとすると、教育機関や民間の講師のような人々はDISCIPLINAプロジェクトに登録し教育サービスを提供することが可能です。
公立や私立、またオンラインやオフライン問わず、教育の提供を行うという形であればどういった形態であっても登録することができます。例えば、家庭教師や子ども向けの教育センターなどインストラクターや講師、大学や大学院もこの条件に当てはまれることができます。
Disciplinaではデータの紛失や偽造を防ぎ学生の成績データを保管することが可能で、学生の同意があれば人事採用者に成績データ等へのアクセスを提供することも可能です。この提供によって教育機関は利益を得るといった事も予想できます。
自分自身で勉強している、もしくは新たに教育学習プログラムを探したいと考えている人は、DISCIPLINAに学生として登録すれば、学生として学業成績やキャリア達成に関する情報を収集したり投稿することができます。
学生として登録された人々は教育機関の信頼できる評価内容を確認することで質の高い教育サービスを受ける機会を得るばかりでなく、検証済の履歴書を作成し明確なキャリアパスを確立することも可能です。
一方で、人事採用に関係するあらゆる人々や機関は人事採用者としてDISCIPLINAに登録することで、登録している様々な人材の学歴や資格、経歴について信頼性の高い情報を取得することができます。
こういった理由により、人材として登録している候補者の詳細情報は、すべてのDISCIPLINAプロジェクト登録者から確認できるように完全に透明化されており、またその信頼性の高さにより人事採用者は簡単に彼ら候補者を選定することができるというわけです。

 

Who can use DISCIPLINA

Since the DISCIPLINA project is being developed specifically for the education and recruiting spheres, it is people and institutions that participate in these fields that will benefit most from the system.
For instance, any educational institutions and private teachers will be able to register on DISCIPLINA to provide educational services. These are state and private offline and online organizations, tutors, educational centers for children, instructors, teachers, coaches, universities, academies etc.
Thanks to DISCIPLINA, they will have the opportunity to store the data on their students’ academic achievement in a single resource that prevents data loss or forgery. It will also be possible to provide recruiters with the access to this data with the consent of students, which will be a perfect opportunity for educational institutions to receive additional income.
Any person that is studying or would like to find an educational programme for themselves or for their friends and family can register on DISCIPLINA as a student to study or to post information on their academic and career achievements.
They will be able to find high-quality educational opportunities with the help of reliable ratings of educational institutions, as well as to create a verified CV and to establish a clear career path.
HR-agencies, private HR-agents, platforms for personnel search, employers and entrepreneurs will be able to register on DISCIPLINA as recruiters to get access to trustworthy information on candidates’ education and achievements.
Thus, it will be much easier for these users to select candidates, as their CVs will be completely transparent and reliable.

 

 

引用元:【Disciplina(ディサプリナ)】公式サイト

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142907j:plain

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」がプロジェクトの対象者について発表したので紹介していきました。

DISCIPLINAプロジェクトは、特に教育関係における人事の採用に向けて開発されており、人材として登録している候補者の詳細情報は、すべてのDISCIPLINAプロジェクト登録者から確認できるように完全に透明化されており、またその信頼性の高さにより人事採用者は簡単に彼ら候補者を選定することが可能だそうです。

期待できるブロックチェーンなので「Disciplina(ディサプリナ)」をチェックしておいてはいかがでしょうか。

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】信用の輪(Web of Trust)システムの実装などを発表!|自宅で副収入したい人のブログ

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】信用の輪(Web of Trust)システムの実装などを発表!|自宅で副収入したい人のブログ

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」が信用の輪(Web of Trust)システムの実装などを発表したので紹介していきます。

 

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142818j:plain

 

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

jitakudefukusyunyu.hatenablog.com

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】信用の輪(Web of Trust)システムの実装などを発表!

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142854j:plain

DISCIPLINAを分散化させる方法


ブロックチェーン技術は分散管理を目的として用いられますが、実際ではシステム上中央管理を行うのも難しくありません。
例として、従来の主流だったProof o Stakesのモデルにおいても管理する主要組織は長期間にわたりコミュニティ全体に対して責任を負います。従ってこのシステム全体の業績はコミュニティではなくこの管理組織に委ねられることになります。
運営するプロジェクトチームはDISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しています。
今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しています。
システム上では発行したトークン数合計に対してトーク保有数の割合が45%となるようにされており、またさらにそれらを3つの独立した組織に分配される予定です。


信頼するにふさわしいウェブサイト構築

 

最近では、クオリティの低いサービスを提供する教育機関は数え切れないほど多くなりました。DISCIPLINAプロジェクトはこういった教育機関の出現を防ぐべく発足されました。
その防止策としてインターネット上でのウェブプロトコルに信用の輪(Web of Trust)を実装します。この実装により信用の輪のシステム参加者同士の信用を作り上げることが可能です。
この信用の輪システムの実装においては教育機関の登録、もしくは拒否権を持つはずの「検証センター」といものがありません。
このシステムでは、労働者を探している雇用主はどの教育機関が信用出来るか出来ないかを把握することができます。学生に与えられた成績評価の価値は、その成績が授与された時点での教育機関の格付けによって決まります。つまり、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様になります。
DISCIPLINAプロジェクトにおいて参加者がどのように評価を作っていくのかをご理解いただくため、複数の教育機関A校、B校、C校と雇用主D、Eがシステムに登録されていると想定しましす。
A校とB校は評判のいい有名な大学で、雇用主Dはこの2校を高く評価しています。しかし、C大学は雇用主Eのみからしか信用されておりません
結果を総合的にとりまとめ、信頼性の高い評価をされているシステム参加者が必要です。
今回のケース(A~E)において、認知度一位の有名大学A校と、採用候補者の選定に厳しいことで有名な会社Dが信頼性が高いと当てはまります。結果的に、大学B校は有名な会社DからA校同じく信頼されていることから自動的に「信頼の輪」に加えられ、逆に参加者CとEは信用できないと結果になります。
結果を総合的にとりまとめ、信頼性の高い評価をされているシステム参加者が必要です。

引用元:【Disciplina(ディサプリナ)】公式サイト

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142907j:plain

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」が信用の輪(Web of Trust)システムの実装などを発表したので紹介していきました。

DISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しており、今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しているそうです。

また、信用の輪(Web of Trust)システムの実装を行い、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様になるのだとか。

期待できるブロックチェーンなので「Disciplina(ディサプリナ)」をチェックしておいてはいかがでしょうか。

 

 

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】とは?ICO特徴、評判など気になる情報を紹介!|自宅で副収入したい人のブログ

大人気のブロックチェーン速報!【Disciplina(ディサプリナ)】とは?ICO特徴、評判など気になる情報を紹介!|自宅で副収入したい人のブログ

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とはどんなプロジェクトか?ICO特徴、評判など気になる情報を紹介していきます。

 

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142818j:plain


大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」とは?


Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

disciplina.io

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

 

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」ICO情報


「Disciplina(ディサプリナ)」のICO情報について解説していきます。

 

  1. 略称:DSCP
  2. ソフトキャップ:7,000 ETH
  3. ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
  4. 利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
  5. キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
  6. トークン最大発行数:95,000,000 DSCP


全ての参加者は本人確認プロセス(KYC/AML)を踏まなければなりません。アメリカの国籍を持つ場合には、「適格投資家」の対象となるかどうか確認しなければいけません。
また、DISCIPLINAブロックチェーンを使用するアプリケーションでの支払方法は、DSCPトークンと、DSCPより小さい単位で、小額の支払に使用されるLogicを利用することが可能です。

DSCPトークンは標準ERC20のトークンで、クラウドセール期間中に配布され、DISCIPLINAのMainNetの稼働後に1:1の割合でネイティブトークンに変換されます。

 

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」のミッション


Disciplina(ディサプリナ)のミッションは、多機能ブロックチェーンを作成し、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することです。

 

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142843j:plain

2016年第3四半期:TeachMePleaseのローンチ
2016年第4四半期:学校登録開始
2017年第3四半期:Disciplinaについての構想開始
2018年第3四半期:DISCIPLINAアルファ版
2018年第4四半期:CampusでのDSCPの流れ
2019年第1四半期:DSCPウォレット・ノードAPI
2019年第2四半期:TeachMePleaseでのDSCPトークン支払開始
2019年第3四半期:テストネット
2019年第4四半期:メインネット

 

 

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」主な特徴


ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の主な特徴は下記の4つになります。

 

  1. 個々人の学業成績や資格に関わるデータをデジタル形式で保管し、統一プラットフォームを介してそのデータへのアクセスを提供し、その永続性と信頼性を保証します。
  2. 成績や資格、専門分野で対象者を効果的に検索できるツールが利用できます。
  3. 教育機関が学生の学業成績に関わるデータを収益化できるようにします。
  4. 希望する企業での就職を目指して、最適な教育過程をシステムが用意することにより、キャリアのゴールを達成できるようになります。

 

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」メリット


ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」を利用するメリットは下記の6つだと言えます。

 

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142854j:plain

  1. 個人の成績や業績をデジタル形式で保管し、統一プ ラットフォームを通じてそれにアクセスできるようにし、パフォーマンスと信頼性を保証。
  2. Disciplina(ディサプリナ)はオープンソースのプラットフォームで、どの様な教育機関、リクルーティング・サービスでも自身のプロジェクトにブロックチェーンを利用することが可能。
  3. リクルーターに学業成績の保管データを提供することによる収益化の実現。関係者全てがそれぞれの役目を果たすことが保証されており、国際間の支払方法も提供されている。
  4. 評価、フィードバック、学業成績に関する信頼性の高い情報を提供。
  5. 専門分野や成績・業績ごとに、簡単に対象者を検索可能なツールを提供。
  6. 学生が特定の学業上のマイルストーンを達成すると、 ある組織内での仕事が約束されるなどの機会を提供することが可能。

 


大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」の開発理由


Disciplina(ディサプリナ)は、個人データを始め、学生の成績やテスト結果等の機密情報を保管しますが、個人データなどは、秘密が守られると同時に透明性も必要ですね。

このプロジェクトのアイディアを実施するにあたり、既存のソリューションでは使用できるものがなかったため、独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発したそうです。

Disciplina(ディサプリナ)は、プライベート型かつパブリック型のブロックチェーンで、プライベートな個別のユーザデータと、著作権や商業上の機密保持により守られるマテリアルを使用するためこの形を取っています。

プライベートエレメントでは、記録の一部分にしかアクセスを許可しませんが、パブリックエレメントでは、プライベートチェーンの完全性とネットワークに保管されたデータの信頼性を検証するデータにアクセスできるようにします。 

 


大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」評判


「Disciplina(ディサプリナ)」の評判については、まだ出ていませんでした。

引き続き評判があり次第書いていきます。

 

 

大人気のブロックチェーン速報!「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:jitakudefukusyunyu:20181217142907j:plain

今回は、ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とはどんなプロジェクトか?ICO特徴、評判など気になる情報を紹介していきました。

Disciplina(ディサプリナ)は、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが開発しています。

また、Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンで、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することを目標としています。

期待できるブロックチェーンなので「Disciplina(ディサプリナ)」をチェックしておいてはいかがでしょうか。